アレルギーが少ないジスロマックとクラミジア前立腺炎

日本において最も患者が多いとされる性行為感染症として性器クラミジアがあります。クラミジアに対する性器での感染が起こることによって炎症症状が生じるというのが一般的であり、症状が初期にはとても小さくて気づかない人が多いことが感染を広げる原因になっています。しかし、クラミジア感染症であるということがわかった場合には治療法が確立されており、ジスロマックを服用することによって高い確率で完治することができるようになっています。ジスロマックはマクロライド系抗生物質として持続的な効果がある抗生物質として知られており、多くの性器クラミジアに対しては1回の服用で治療を達成できることがわかっています。抗生物質にはアレルギーが多いペニシリン系のものもありますが、マクロライド系抗生物質に属するジスロマックはそのリスクも低いというのが特徴であり、その他の副作用も少ないことから安心して利用できるものとして頻用されるようになっています。性器クラミジアにおいては男性では特に症状が出にくいことから見落とされてしまいがちになり、前立腺にまで感染が広がってようやく気づくという場合もあります。前立腺炎になってさらに重症化してしまうとジスロマックを用いてもすぐには治らないという状況になる場合もあります。数週間に渡る治療で回復することができる場合も多いものの、慢性化して治療が困難になってしまうこともあるため、性器クラミジアは早期発見、早期治療が必要になります。パートナーが感染している場合には高い確率で感染してしまうことになるため、男性はパートナーの女性がクラミジアに感染している症状がないのかということを気にかけておくことが大切です。