ジスロマックの副作用の影響は?性行為はいつから?

ジスロマックはクラミジアに感染した時に治療薬として処方され薬です。従来は病院に通いながら、長い通院と薬の利用で治療を行ってきましたが、ジスロマックなら少量の薬で治療を行うことができ、患者への精神的・経済的負担も軽くて済みます。
そもそもクラミジアは感染しても患者が気づかなかったり、感染していることに気づくまでに時間がかかります。また治療を行っても、患者が勝手に治ったと思いやすく、知らず知らずのうちにその感染が広がっていきやすい病気です。主な感染経路は性行為はもちろん、オーラルセックス、キスによって感染します。患者が咽頭感染している場合は、キスのみで感染することも分かっています。
ジスロマックは1回服用すると個人差はありますが、7日間ほどその効果があり、その間に90%の確率でクラミジアが治ります。短期間に高確率で治るために、今までの薬よりも格段に感染の拡大を防ぐことができます。ジスロマックは比較副作用の少ない薬ですが、人によっては副作用の影響を受けることがあります。マクロライド系の抗生物質であるジスロマックは、下痢・嘔吐・発熱などの消化管が影響を受けやすいです。妊婦に対しても安全だと分かっていますが、副作用がひどい場合は医師に相談をしましょう。
また薬の併用にも注意が必要で、特にエルゴタミンを含む薬を服用してる場合には避ける必要があります。血管萎縮が起こりやすくなり危険です。常用している薬がある場合も必ず医師に相談して、併用が可能なのか確認をしましょう。
服用後はすぐに症状が治まりますが、完治しているかどうかは分かりません。症状がなくなったからと言ってすぐに性行為が行えるわけではありません。服用後1週間ほどたったら検査を行い、完治しているかを確認しましょう。