セックスだけが感染経路ではない性病にジスロマック

ジスロマックによって治療が可能な性病としてクラミジア感染が知られています。尿道炎や子宮頸管炎を経て、感染が進行してしまうことによって女性の場合には不妊症になってしまうリスクもあることが知られているのがクラミジア感染であり、早期に発見して治療を行っていくことが必要とされています。男性の場合にも初期には無症状であることが多いものの、副睾丸炎にまで進行してしまうことによって無精子症になってしまい、男性不妊の原因となることも知られている恐ろしい感染症です。しかし、発見することができてジスロマックを服用すればほとんどの場合には完治が可能であり、たとえジスロマックに対して耐性のあるクラミジアであっても有効な抗生物質は多数存在することから治療を行うことはそれほど大変なことではありません。しかし、感染が広がってしまっているのがクラミジア感染の大きな問題となっています。性病の感染経路として一般的なのは性器と性器の接触を伴うセックスですが、必ずしもそれだけが感染経路ではないということがそれほど広く周知されていない現状があります。クラミジアの場合には喉の粘膜にも感染することが知られており、オーラルセックスを介して喉の粘膜に感染する場合もあるのです。そして、喉にクラミジアを持つ人とのオーラルセックスを経て性器への感染も起こることになり、性器へのクラミジア感染を広げていくことになってしまっています。セックスの初めから終わりまで終始コンドームを着用することによって高い予防効果を得ることができるということや、感染経路がセックスだけではないということを周知させていくということがクラミジア感染の拡大防止の上で欠かせないこととなっています。