勃起時の尿道の痛みをジスロマックで完治

男性に多い感染症の中に、「非クラミジア非淋菌尿道炎」というものがあります。男性の性感染症の中で最も多い病気で、尿道炎と聞くと淋病やクラミジアなどを思い浮かべる人も多いですが、その他の細菌が感染することでも起こる病気です。非クラミジア非淋菌尿道炎は、他のクラミジアや淋病のように、排尿痛、かゆみ、違和感、尿道からの膿、といった同じ症状が現れますが、無症状の場合も多く、勃起した時に陰茎を握ると痛みや違和感を覚えることがあります。淋菌性の尿道炎に比べると症状が軽いことも多く、排尿時にむずむずする程度で気づかない人も少なくないようです。基本的に尿道に痛みを感じる場合は尿道炎の可能性が非常に高いため、泌尿器科で検査を受ける必要があります。非クラミジア非淋菌尿道炎は他の尿道炎と同様に、治療薬にジスロマックを使用することが多いため、尿道の痛みを感じたら飲んでみると完治する可能性があります。男性器の病気となると性感染症の疑いが高いのですが、病院で検査を受けるのも恥ずかしいという人もいるため、本来は症状を確定してから治療薬を処方してもらうのが正しいのですが、誰にも見つからずにこっそりと治療したいという人は、インターネットによる匿名の性感染症の検査があるので、それを利用して症状が確定してから治療薬を個人輸入するという方法もあります。ジスロマックは抗菌薬であり尿道炎を適応症としているため、細菌による感染や尿道の違和感にも対応できるようになっています。ただし、素人による自己判断で使用しても、治療薬が合っているとは言い切れないので、まずは自分がどんな症状なのかを判断するために、検査を受けることが重要となります。